HOME > 事業内容 > 3つの研究所 > アルプ病理研究所
3つの研究所
  • アルプ病理研究所
  • アルプ食の安全研究所
  • アルプ医業経営研究所

アルプ病理研究所

患部の組織や細胞を直接顕微鏡で観察する病理検査は、より正確な病気の診断や治療方針の決定、治療効果の診断に役立つ重要な技術です。
アルプ病理研究所では、免疫組織化学的診断や遺伝子診断など、先進的な手法を取り入れ、日本海側最大の民間研究検査機関として、地域の臨床医、病理医の皆さまとともに、地域医療の向上に貢献します。

小田 惠夫

1980年金沢大学医学部卒業。1998年同大学助教授。2004年アルプ病理研究所所長就任。日本病理学会認定病理医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。


SERVICE

1.生検組織、手術標本の病理診断 2.免疫組織化学的診断 保有抗体種類
1) 上皮系マーカー
25種類
2) 間葉系マーカー
13種類
3) 組織マーカー
6種類
4) 血液・リンパ球系(CD以外)
24種類
5) ホルモン関連物質
24種類
6) 細胞周期、腫瘍マーカー
20種類
7) 病原体
9種類
8) 白血球分化抗原
36種類
9) その他
21種類

酵素抗体染色一覧

3.遺伝子診断

1)PCR法
  a.細菌やウイルス感染
  b.遺伝子再構成
2)In situ hybridization

4.術中迅速診断
5.学会発表の支援

アルプにて病理診断された症例
a.写真撮影
b.病理学的所見の説明


6.病理形態学的研究の支援

1)病理組織標本の作製
  a.パラフィン包埋ブロックの作製
  b.ヘマトキシリン・エオジン染色標本や一般の特殊染色標本の作製
  c.免疫組織化学用無染色プレパラート標本の作製
  d.免疫組織化学
2)固定組織やパラフィン包埋標本からのDNAの抽出
3)病理形態学を取り入れた研究に関する助言

7.病理診断用図書の閲覧開放
STAFF

顧問

中西 功夫

1963年金沢大学医学部卒業。同大学教授、医学部長を歴任。
2001年株式会社アルプ金沢ラボ所長。金沢大学名誉教授。
日本病理学会認定病理医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。


客員研究員

       
       
  1971年金沢大学医学部卒業。
94年金沢医科大学教授。
日本病理学会認定病理医。
  1981年金沢大学医学部卒業。2001年金沢医科大学教授。
日本病理学会認定病理医。
  1993年金沢大学医学部卒業。
2010年金沢医科大学准教授。
日本病理学会認定病理医、
日本臨床細胞学会細胞診専門医。
 
ページの先頭へ戻る

患者さま・ご家族の皆さまへ

調剤薬局事業

アルプ薬局は、地域のみなさまの健やかな暮らしに貢献します。

お探しの県を
選択して下さい。

医療機関の皆さまへ

臨床検査事業

信頼できる検査データをお届けすることが私たちの使命です。

こちらは医療機関向けのお知らせです。

食品衛生管理者の皆さまへ

食品環境事業

アルプは、社会のニーズにこたえ、食の安全と安心の確保をサポートします。

食品環境検査の依頼書がダウンロードできます。

求職者の皆さまへ

採用情報

アルプの採用情報です。スタッフの声、薬局スキルアップ体験会情報も掲載。

Staff Blogアルプ薬局 求人情報国際交流ブログアルプモーニングスマイルエフログ薬剤師求人情報 ポスター広場買いたい新書日本衛生検査所協会