HOME > 事業内容 > 調剤薬局事業 > お薬Q&A
調剤薬局事業
  • アルプの調剤薬局
  • 店舗紹介
  • お薬ができるまで
  • アルプな一日
  • お薬のQ&A
  • 人材育成

お薬のQ&A

私たちは日々、患者さまから多くのご相談を受けています。ここでは比較的お問い合わせの多いものを選び掲載しました。回答の内容はあくまでも一般的なもので、お薬の種類や飲む(使う)人によっては、当てはまらないこともありますので、ご注意ください。

Q1  

薬が吸収されるには、薬が溶けた状態でなければなりません。水がなければ溶けにくいので、吸収が遅れ、効果も現れにくくなります。
水には、飲みやすくする役目もあります。錠剤やカプセル剤を水なしで飲むと、食道に引っかかったりくっついたりして、その場で溶けてしまい、食道に炎症を起こすこともあります。また、粉薬などは、気管から肺に入ってしまい、肺炎を起こした例もあります。水なしで飲めるという方も、水で飲むようにお勧めします。

 


Q2  

特に水分を制限されているとき以外は、コップ1杯(150~180ml)程度の量が適当と思われます。


Q3  

一般的には、お湯でもかまいません。水よりお湯の方が薬の吸収は速くなります。ただし、消炎酵素剤などのタンパク質でできている薬の場合、あまり熱いお湯で飲むと分解することもあります。
また、熱いお湯は少しずつしか飲めないためぬるま湯が適当です。


ほとんどの薬は、番茶や焙じ茶などのお茶で飲んでも問題はありませんが、薬の種類によってはお茶に含まれているタンニンと薬の成分と結合して吸収されにくくなることもありますので、薬は水かぬるま湯で飲むようにしましょう。
Q4  

オブラートは、寒天とゼラチンで作られた薄い紙のようなもので、不快な味の薬を包んで、飲みやすくするものです。オブラートを使用するときは、真ん中に薬を置き、周りを持ち上げ軽くひねるようにして包み込み、余分な部分は切り取ってください。
飲み込むときは、水を口に含んで、薬の入ったオブラートを浮かべるようにして飲み込むとうまく飲めるようです。なお、胃薬の中には、苦味や臭いのあるものがありますが、これは味や臭いが味覚や嗅覚を刺激して効果を現すのでオブラートに包んで飲んだのでは意味がありません。


Q5  

1)副作用の心配:身体の機能や抵抗力が弱くなっている為に副作用が強く現れることがあります。副作用対策は高齢者の初期症状などの変化を注意深く見守っていることと、正しく薬を服用することです。
2)相互作用の心配:多くの薬を飲んでいるために、薬と薬の相互作用が起こる可能性が高くなります。


3)加齢による誤った服用を心配する場合:記憶力が悪くなったり、目が見え難くなったり、耳が聞こえ難くなる為に薬を間違えたり、薬の飲み方を間違えたりすることが懸念されます。対策としては、ご家族の方などが、「薬を間違えて飲まないように、正しい時間に飲むように」付き添ってあげる必要があります。この負担を少しでも軽くするために、アルプ薬局ではお薬箱を無料でお渡ししています。お気軽にスタッフにご相談下さい。

 

Q6  

例えば風邪薬ですといって出された薬でも、その症状やその重症度が違います。キチンとお医者様に診てもらって、その時の症状にあった薬を服用してください。常備薬としてもらった薬は、約6ヶ月が目安です。


Q7  

以下の点にご注意ください。
1)子供の手の届かないところに置いてください。
2)有効期限切れの薬は服用しないでください。
3)薬は水や湿気、直射日光、熱を嫌います。涼しい場所に保管しましょう。


ページの先頭へ戻る

患者さま・ご家族の皆さまへ

調剤薬局事業

アルプ薬局は、地域のみなさまの健やかな暮らしに貢献します。

お探しの県を
選択して下さい。

医療機関の皆さまへ

臨床検査事業

信頼できる検査データをお届けすることが私たちの使命です。

こちらは医療機関向けのお知らせです。

食品衛生管理者の皆さまへ

食品環境事業

アルプは、社会のニーズにこたえ、食の安全と安心の確保をサポートします。

食品環境検査の依頼書がダウンロードできます。

求職者の皆さまへ

採用情報

アルプの採用情報です。スタッフの声、薬局スキルアップ体験会情報も掲載。

Staff Blogアルプ薬局 求人情報国際交流ブログアルプモーニングスマイルエフログ薬剤師求人情報 ポスター広場買いたい新書日本衛生検査所協会