アルプの3つの研究所

アルプ病理研究所 質の高い病理診断サービスを提供し地域医療の向上をお手伝い

患部の組織や細胞を直接顕微鏡で観察する病理検査は、より正確な病気の診断や治療方針の決定、治療効果の診断に役立つ重要な技術です。

アルプ病理研究所では、免疫組織化学的診断や遺伝子診断など、先進的な手法を取り入れ、日本海側最大の民間研究検査機関として、地域の臨床医、病理医の皆さまとともに、地域医療の向上に貢献します。


SERVICE

1. 生検組織、手術標本の病理診断

2. 免疫組織化学的診断

保有抗体種類

  1. 上皮系マーカー:26種類
  2. 間葉系マーカー:13種類
  3. 組織マーカー:6種類
  4. 血液・リンパ球系(CD以外):24種類
  5. ホルモン関連物質:24種類
  6. 細胞周期、腫瘍マーカー:20種類
  7. 病原体:9種類
  8. 白血球分化抗原:36種類
  9. その他:21種類

3. 遺伝子診断

  1. PCR法
      a.細菌やウイルス感染
      b.遺伝子再構成
  2. In situ hybridization

4. 術中迅速診断

5. 学会発表の支援

  1. アルプにて病理診断された症例
      a.写真撮影
      b.病理学的所見の説明

6. 病理形態学的研究の支援

  1. 病理組織標本の作製
      a.パラフィン包埋ブロックの作製
      b.ヘマトキシリン・エオジン染色標本や一般の特殊染色標本の作製
      c.免疫組織化学用無染色プレパラート標本の作製
      d.免疫組織化学
  2. 固定組織やパラフィン包埋標本からのDNAの抽出
  3. 病理形態学を取り入れた研究に関する助言

7. 病理診断用図書の閲覧開放

STAFF

●顧問

中西 功夫

医学博士

1963年金沢大学医学部卒業。同大学教授、医学部長を歴任。
2001年株式会社アルプ金沢ラボ所長。金沢大学名誉教授。
日本病理学会認定病理医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。

●客員研究員

勝田 省吾

医学博士

1971年金沢大学医学部卒業。
1994年金沢医科大学教授。
日本病理学会認定病理医。

上田 善道

金沢医科大学教授・医学博士

1981年金沢大学医学部卒業。
2001年金沢医科大学教授。
日本病理学会認定病理医。

佐藤 勝明

金沢医科大学准教授・医学博士

1993年金沢大学医学部卒業。
2010年金沢医科大学准教授。
日本病理学会認定病理医、日本臨床細胞学会細胞診専門医。

アルプ食の安全研究所

食品を製造、提供する企業に今、徹底した衛生管理が求められています。アルプ食の安全研究所では、食品衛生管理について豊富な知識と経験を持つ研究者が専門分野に精通した客員研究員と連携しながら、点検や指導、教育など総合的にノウハウを提供し、食の安全・安心を確保するための幅広いニーズにこたえていきます。

アルプ食の安全研究所

● 業務内容

1.食品工場、飲食店などの衛生管理についての点検、改善指導、人材教育
2.HACCP手法導入の支援
3.仕様書、企画書の作成点検業務
4.食の安全に関する調査、研究
5.食の安全・安心に関する情報提供

アルプ食の安全研究所

アルプ医業経営研究所

アルプ医業経営研究所は、経営面から医療機関の支援にあたる総合コンサルティング事業を展開しています。医療を取り巻く環境が厳しさを増す中、経営管理をはじめ経営上のさまざまな問題について、下記の5つのサービス体系を軸にアドバイスを行います。

● 医業を支援する5つのサービス

医業を支援する5つのサービス体系