カフェでランチ

 

先日、カフェでランチをしてきました

 

ランチは「カレー」と「日替わり」の2種類から選ぶことができ、

私は「日替わり」の「ガパオライス」のセットを注文しました

 

 

ガパオライスは辛いイメージがありましたが、

こちらのカフェのガパオライスには辛みは入れずに、

バジルで味付けしているとのことです

 

 

ガパオライスはもちろん、

副菜にも野菜がたくさん入っていたので、

日ごろの野菜不足の解消にもなりました

 

最後に「女性の味方」というブレンドハーブティーを頂きました

 

 

ハーブは古くから民間療法として

病の治療薬用外傷の消毒などに使われ、

風邪の予防喉の痛みを和らげる効果もあり、

体の不調肌のトラブル改善に役立ってきたそうです。

(妊婦さんや人によっては体調不良になるハーブもあるので注意が必要のようです)

 

特にハーブティーの香りは自律神経のバランスを正常に戻し、

交感神経優位の緊張状態から

副交感神経優位のリラックスした状態へと

切り替える働きがあり、ストレス解消にもつながるそうです

 

最近忙しくて余裕がないという方は、

ぜひハーブティーで癒されてみてはいかがですか

 

 

管理部 T

水仙

 

2月1日

水仙」を見に越前海岸へ行きました

 

 

奇岩断崖が続く越前海岸。

この越前海岸には、雄々しい海岸線とは対照的に、

可憐な花、越前水仙が咲き誇ります

 

私も福井で生まれましたが、

越前海岸が、

日本水仙三大群生地

(福井県越前海岸、兵庫県淡路島、千葉県房総半島)のひとつであり、

その面積は 60~70haと、

日本で最大であることを初めて知りました

 

 

満開の時期には斜面一面に白い可憐な花の絨毯が広がります

 

越前水仙の里公園から海岸沿いを走っていくと、

途中 潮吹岩があり、

見応えのある海岸線が続きます

 

さらに進んでいくと呼鳥門が見えてきます

 

 

そのあたりから梨子ヶ平園地が広がり、

遊歩道で水仙が見渡すことができます

 

梨子ヶ平園地の上方には、

梨子ヶ平千枚田水仙園が広がり、

輪島の千枚田のように水仙の棚田の光景が見られます

 

 

ウーン わかり辛い 

残念トホホ 

 

実際は圧倒されるように奇麗です

鳥糞岩を過ぎ、

越前岬の方へ進んでいくと越前岬水仙ランドが広がります。

 

その中には、「ガレットカフェHAZE」があり、

越前海岸の絶景を眺めながら美味しいガレットが頂けます

 

 

ガレット 最高

越前海岸の絶景

 

 

さらに上へ登っていくと

越前岬灯台越前岬展望台があり、

美しい水仙がこれでもかというぐらいに一面に咲き誇っています

 

 

参考に水仙のビュースポットの地図を付けておきます

 

 

水仙は、小さくて単独ではあまり目立たないですが、

群生している姿は、圧巻です

 

 

季節は限られますが、

一度お時間のある方は、見に行かれてはいかがかなと思います

 

アルプデザイン G

春節

 

1月25日、「春節を祝う会」に参加しました

 

中国では旧正月を「春節」と呼び、

家族皆集まってお祝いするのが一般的です。

しかし、仕事や学業の都合で中国へ帰れず、

日本で春節を過ごす人もいます。

 

そんな方たちが寂しい思いをしないように、

NPO法人日本海国際交流センターでは

中国出身の人達と一緒に「春節を祝う会」を毎年開催しています

 

新年好」(シンニィェンハオ)

(中国新年のあいさつ言葉「HAPPY NEW YEAR」の意味)の

発声で楽しい会がスタートしました

 

丸テーブルを囲み、美味しい料理を堪能しながら

参加者一人ひとりが自己紹介をします

 

 

50代で博士課程に進んだ勉強家の方や、

インターネット配信で、フォロアー40万人保有するスーパー小学生など、

今年も多彩なメンバーが集まりました

食事中の笑い声は絶えませんでした

 

日中友好交流を支え続ける陰の功労者たちも自己紹介され、

心から感謝したいと思いました

 

中国で流行しているドラマの主人公衣装と日本伝統衣装の比較を

絵で分かりやすく教えてくれるワンポイントレッスンもあり、

大変勉強になるひと時でした

 

春節に欠かせないものと言えば、やっぱりギョウザ

皆さんでギョウザ作りに挑戦しました

 

 

参加者の中には、ギョウザ包みの手際が良い方もいらっしゃり、ビックリ

他のメンバーは皮がくっつかないなど、悪戦苦闘しながらも、

周りの人のやり方を参考にしてギョウザ作り大成功

 

自分で作ったギョウザだから、

皆で分かち合いながら食べるから、いつもより美味しい!

との感想もありました

 

 

和気あいあいの雰囲気の中、

初対面の人も多くいらっしゃいましたが、

コミュニケーションが進んで本当の家族のように親しくなり、

とっても心温まる「春節」の会でした

 

アルプ企画 O

山中令和こおろぎ橋へ

 

実父母連れて、

山中温泉へ行ってきました

 

父に、「どこか行きたい温泉とかある?」と聞いたところ、

山中温泉!と?(昔、新婚旅行で行った!と?)

 

数年前にはアルプ家族見学会にも来てくれた父母が、

金婚式もすぎ、結婚してからはや60年!ダイヤモンド婚式?

 

令和になったこと!も記念して、まだ元気なうちに!

妹も一緒に4人全員えらべる倶楽部を利用して、格安温泉一泊の旅へ

 

 

ところで、山中温泉!と言えば、

私の連想するものは、

山中塗の漆器お椀茶道具のお棗(おなつめ)、

それから、加賀温泉郷でちょっと遠い!アイスクリームロード

 

富山を出発し、ゆっくりドライブして、夕方早めに到着!

早速ひとっ風呂浴衣に着替えて、お楽しみの夕食バイキング

 

ラッキーな事に、“カニが解禁してた”!

こんな大きなカニ食べたことない

 

 

他には、有名な“のどぐろ”、甘エビ、老父の大好物のもたんまり、

もちろんビールで乾杯!

 

 

子供のころ、4人で年に1度夏休みにドライブしたこと、楽しかったなあ

思い出話も・・・、ちょっぴり親孝行できた?

お腹いっぱいになって、お酒も飲んで!たっぷり温泉に入って・・・

 

翌朝からは、山中温泉街へ観光

 

父は、「新婚旅行で行った『こおろぎ橋』へ行きたい!」と?

杖つきながらゆっくりだけど、ちゃんと頑張って歩いてくれました

 

 

また、ラッキーな事に、

なんと!令和になり新天皇ご即位を祝い

10月に『こおろぎ橋』が新品になっていました

 

 

お土産に、山中塗のお椀を買い求め、

当然アイスクリームも食べて!

4人みんな笑顔で元気に帰路へ・・・

 

今年もまた、山中温泉行きたい!と。

(父は元気に米寿を迎えました。)

 

食品環境 Y

1 2 3 4 5 6 22