大根の栄養と効用

これからの季節は鍋物や煮物、おでんなど、

あたたかい食べ物が美味しいですね

今から旬になる食材といえば大根

今日は「大根の栄養と効用」についてのお話です。

 

大根の原産はアジアの暖かい地方

地中海だと言われています。

日本にも古くから渡来し、

古事記に「すずしろ」「おおね」の名前で

書かれています。

 

おろしても良し、炒めても煮ても良し、漬けても良しと、

調理方法は色々あります。

淡白な味わいでありながら、

様々な方法で調理される野菜は少ないようです

大根は年間を通して出回っている野菜ですが、

11月から2月にかけて旬になります。

特に冬場の大根は寒さの影響でグンと甘さが増して、

美味しさも増します

 

栄養成分は、ビタミンAビタミンC食物繊維

ジアスターゼアミラーゼフラボノイドです。

特に注目したい栄養成分はジアスターゼです。

大根の部分には、

でんぷんの消化酵素であるジアスターゼが多く含まれています。

このジアスターゼは食べ物の消化を助けるとともに

腸の働きを整えてくれる効果があります。

さらに、高い解毒作用もあります。

大根に含まれるジアスターゼには

胃酸を中和する作用もあるので、

ゲップや胃のもたれ、胸やけなど

胃酸過多の諸症状を改善してくれます

二日酔いでスッキリしない時も、

大根をすりおろして飲むと良いでしょう。

 

他にも豊富に含まれているのがビタミンCです。

大根の中心部より表面の皮のほうが、

およそ2倍も多く含んでいると言われています

また見逃せないのが、大根の葉の栄養です

ビタミンCも根の部分より葉の部分が多く含まれているほか、

根には含まれていないビタミンAも、

葉には多く含まれています。

葉つきの大根を手に入れた際には、

大根の葉も捨てずに調理して食べることをおすすめします

 

簡単な調理方法としては

大根の葉ゴマ油でさっと炒めて、

塩コショウしたりお漬物やお味噌汁にするのも良いです

 

今日は「大根の栄養と効用」についてお伝えしました。

 

※この内容は平成29年11月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

インフルエンザの予防

今の時期は朝晩の気温差もあって、

風邪などをひきやすく体調も崩しがちです

また気温が低くなるにつれて、

インフルエンザも流行してきます

インフルエンザ早めの予防と、

症状が出た場合は早めの治療が大切です。

そこで日常生活で出来る予防法についてお伝えします。

 

まず栄養休養を十分に摂り、

体力をつけて抵抗力を高めましょう

次に人ごみを避けましょう。

病原体であるウイルスを寄せつけないことも大切です。

 

そして適度な温度湿度を保ちましょう。

ウイルスは気温や湿度が低い所を好みます

さらに乾燥しているとウイルスは長時間空気中を漂います

加湿器などで室内を適度な湿度に保ちましょう。

 

また外出した後は、

手洗いでウイルスの接触による感染を防ぎ、

うがいでのどの乾燥を防ぎましょう。

マスクの着用もおすすめです。

予防になる他「エチケットマスク」などと言われるように、

咳やくしゃみが飛んで空気に漂っているウイルスが

他人に感染するのを防ぐ効果もあります

 

最後に、確実な予防は流行前にワクチン接種を受けることです。

特に高齢者心臓や肺に慢性の病気を持つ人

気管支喘息を持つ小児などは、

重症化を防ぐためにも医師と相談した上で、

早めにインフルエンザワクチンを接種することが

望ましいと考えられます。

 

ワクチン接種ではタイミングも重要です

インフルエンザワクチン

接種してから実際に効果を発揮するまでに、

およそ2週間かかると言われています。

2回接種と1回接種があり、

2回接種する場合には1回目の接種から

1週間~4週間あけて接種します。

そうすると10月後半に1回目のワクチン接種を受ければ、

例年インフルエンザが流行し始める12月より前の

11月中旬頃にはワクチン接種を終えることになり、

より効果的になります

 

インフルエンザが流行してからのワクチン接種は、

抗体が出来るまでに感染する危険性があります

そのため、早めにワクチン接種をしていれば

抗体も十分に出来て症状も軽くなります

 

※この内容は平成29年10月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

鼻呼吸と口呼吸

皆さんはいつもで呼吸をしていますか?

それともで呼吸をしていますか?

こう質問をされても、

意識していない人がほとんどだと思います

私たち人間はの両方で呼吸することが出来ますが、

本来はで呼吸をするのが自然な形です。

ところが現在日本人の大半が

で呼吸をしていると言われています

自分ではで呼吸をしていると思っていても、

無意識のうちにで呼吸をしている場合が多いようです。

 

例えば、気が付くとが開いているとか、

唇が乾燥しやすいの渇きを感じやすい

の穴を意識して動かすことが出来ないという人はいませんか?

このような場合、

口呼吸が習慣化している可能性があると考えられます

一度、自分の呼吸を見直してみましょう。

 

では、鼻呼吸口呼吸での違いについてお話します。

鼻呼吸の場合、吸い込んだ空気が鼻腔を通る間に鼻毛や粘膜が、

ほこりや細菌、ウイルスなどの異物を除去してくれます

鼻腔の中が、いわゆるフィルターの役割になります。

また、空気は鼻腔の中で適度に温度が加えられ、

加湿されてから肺へ送られることになります。

そうすると、酸素が肺から血管へ取り込まれやすくなります。

つまり、は“加温・加湿機能つきの空気清浄機”ともいえます

 

逆に、は元々呼吸をするための器官ではないため、

で呼吸すると乾燥した冷たい空気がフィルターを通さず、

そのまま喉の粘膜や気管、肺などに触れてしまいます。

すると細菌やウイルスが侵入しやすく、

粘膜の炎症などが起こりやすくなり

免疫力も低下してしまいます

また口呼吸の場合、

空気の温度や湿度を調節する機能がないため、

肺で酸素を取り込む効率も悪くなります

 

今の時期は風邪などでがつまりやすく、

どうしても口呼吸に頼ってしまいがちです

しかしでの呼吸が当たり前になってしまうと、

ますます免疫力が低下し、

アレルギー症状が悪化してしまうという悪循環になりかねません

免疫力を高めるためにも、

口呼吸ではなく鼻呼吸を実践するよう

心がけましょう。

 

※この内容は平成29年10月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

脂肪肝を改善するために

日本人の4人に1人が肝臓に脂肪が溜まる

脂肪肝と言われています

この脂肪肝肝硬変肝臓がんへと進行する可能性があり、

様々な生活習慣病のリスクを高めることが分かっています

そこで今日は、脂肪肝を改善するために気をつける

生活習慣についてお伝えします。

 

脂肪肝の治療のための食生活改善というと、

まず脂っこいものを減らすと考えがちですが、

それ以上に気を付けたいのが糖質です。

日常的に糖質を摂り過ぎていると、

脂肪肝になりやすいことが分かっています。

特に果物の果糖は吸収がよく、

肝臓で中性脂肪になりやすいため注意が必要です

ごはん・パン・麺類は、

ほんの一口残すだけで1ヶ月に500g

4ヶ月で2kg減量できると言われています。

 

そして、果物は旬の味わいとして楽しむ程度がおすすめですが、

毎日食べたい人は1日に1/2個を目安にして

朝食の時に食べるようにしましょう

 

また、食事の摂り方にも注意してください。

食事によって血糖値が急上昇すると、

血糖値を下げるホルモンであるインスリンが大量に分泌されます

インスリンは余った糖を中性脂肪として蓄えるため

血糖値を急激に上げないことが大切です

 

食事の摂り方としてはまず野菜から食べて

次に魚・などのおかず、

最後にご飯などの炭水化物の順に摂るようにしましょう。

更によく噛んで食べれば血糖値の上昇が穏やかになり、

インスリンの分泌が抑えられます

 

また、脂肪肝を防ぐためには、

筋肉をつけて太りにくい体を作ることも大切です

脂肪は筋肉で燃えます

インナーマッスルを鍛えれば基礎代謝が増えて、

太りにくい体になります。

例えばスクワットを習慣にしてはいかがでしょうか。

スクワットは足を肩幅に開き、

背筋を伸ばして両手を前に伸ばします。

5秒で腰を落としてお尻を突き出し、太ももに力を入れ、

5秒で元の姿勢に戻ります。

これを5回繰り返します。

この時、お腹をへこませるよう意識すれば、

より効果的なスクワットになります。

 

今日は、脂肪肝を改善するために気をつける

生活習慣についてお伝えしました。

 

※この内容は平成29年9月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================