クレソン

 

お肉料理の付け合わせとしてよく使われるクレソンは、

鮮やかで丸みを帯びた葉っぱとすがすがしい香り、

そしてピリッとした辛みが特徴の緑黄色野菜です

 

ヨーロッパ原産で、日本に伝わったのは明治のはじめ頃

「クレソン」はフランス語で、英語では「ウォータークレス」、

和名は「オランダガラシ」と言います。

 

水辺を好み、繁殖力が高く、

国内では各地の河川敷小川などに群生しています。

 

市場に出回っているのはほとんどが栽培されたもので、

主な産地は山梨県栃木県群馬県などです。

旬は3月から5月にかけてですが、店頭では通年販売されています

 

栄養面では、

カルシウム、カリウム、ビタミンA、

ビタミンC、鉄分、リンなどを豊富に含んでいます

 

特有の辛みは「シニグリン」という成分によるものです。

シニグリンは、大根わさびなどにも含まれる抗酸化成分で、

消化促進、殺菌、利尿、口臭予防などの効果が期待できるといわれています

肉料理によく添えられるのは、消化促進の効果があるからで、

油っこさを和らげてくれます

 

クレソンを選ぶときは、

葉は大きく濃い緑色で、先端までみずみずしく

葉と葉の間が詰まっているものを選びましょう

また、香りが強いほうが、新鮮で栄養価が高いと言われています

 

食べ方は、栄養素を余すことなく摂取するなら、

そのまま付け合わせサラダにするのがおすすめです

 

ソテーやスープなど洋食はもちろん、お浸し和え物

天ぷら、みそ汁など和食にも合います

 

加熱する栄養が損なわれてしまいますので、

炒めたりゆでたりするときは、軽く火を通す程度にしましょう

 

保存するときは、

水で湿らせたキッチンペーパーなどで包んでビニール袋に入れるか、

水を入れたコップに茎をさして、

ビニール袋をかぶせて、冷蔵庫で保存してください

 

コップに入れた場合は、毎日水を取り替えて

葉についた水分をふき取ると長持ちします

 

栄養たっぷりで独特のおいしさが楽しめるクレソン

さまざまな料理で楽しんでみてはいかがでしょうか

 

※この内容は2020年3月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

耳の日

 

3月3日は「の日」です。

 

難聴と言語障害を持つ人々の悩みを少しでも解決したいという、

社会福祉への願いから、

日本耳鼻咽喉科学会が1956年に制定しました

 

今日はその耳の健康について、

今、世界的に問題視されている

スマホ難聴」についてお伝えします

 

スマートフォンや音楽プレイヤーで

いつでもどこでも音楽を楽しめるようになり、

街中でイヤホンやヘッドホンをして歩く人の姿が増えています。

 

しかし、イヤホンやヘッドホンの場合、

耳の中に直接、が入ってくるため、

大音量で聴いたり、長時間聴き続けたりすると、

難聴になる恐れがあります

 

音は耳に入ると鼓膜を振動させ、

さらに、その奥にある、蝸牛(かぎゅう)という

カタツムリのような形をした器官に伝わります

 

そして、蝸牛で音が電気信号に変換されて、

聴神経を通ってに伝達されます。

 

スマホ難聴は、

このうちの蝸牛に障害が起きることで発症するとされています

 

蝸牛の中には、

音を感じる「有毛(ゆうもう)細胞」という細胞がありますが、

この有毛細胞が加齢大音量などで傷つき、

壊れてしまうと音を感じにくくなります

 

壊れる前であれば、安静にすることでやがて回復しますが、

完全に壊れてしまうと元には戻りません

 

スマートフォンは広く普及していますので、

スマホ難聴は、若者だけでなく、中高年にとっても大きな問題です

 

加齢に伴って聞こえが悪くなる加齢性難聴は、

有毛細胞が加齢とともに壊れていくことが原因とされていますが、

症状を進行させる要因の1つに、

スマートフォンなどによる大音量も挙げられています

 

スマホ難聴の対策としては、

スマートフォンで音楽などを聴くとき、

音量を下げる」「時間を制限する」「休憩を挟む

といったことを心がけてください

 

機種によっては最大音量を制限できるものもありますので、

こういった機能を活用するのもいいでしょう

 

このほか、耳の健康を守るためには、

ストレスをためないバランスのよい食事適度な運動良質な睡眠なども重要です

 

さらに、年に1回は聴力検査を受けて、

耳の状態を確認しておくとより安心です

 

※この内容は2020年3月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

新型栄養失調

 

戦中、戦後に多く見られた栄養失調は、

食糧難による摂取カロリーの不足が原因でしたが、

 

新型栄養失調は、

血液中のタンパク質の一種である

「血清(けっせい)アルブミン」の量が減ることで起きる栄養失調です。

 

70歳以上の5人に1人がこの新型栄養失調の可能性があり、

さらに若い女性にも増えていると言われています

 

タンパク質は、筋肉や内臓などさまざまな組織を作る材料になります。

血液中のタンパク質の6割を占めるのが血清アルブミンで、

主に栄養を運ぶ役割を担っています。

 

食事でタンパク質を十分に摂らないと、

血清アルブミンも少なくなるため、新型栄養失調になります

 

さらに

筋肉の衰えにより転倒や骨折しやすくなったり

免疫力が低下して感染症にかかりやすくなったり

心臓病脳卒中を発症しやすくなったりします

 

これらは寝たきりの原因にもなるため、

要介護状態に陥るリスクも高まります

 

新型栄養失調になる原因は、高齢者の場合は、

まず、加齢とともに筋肉や骨が減少したり、

免疫力や食欲が落ちてきたりすることがあげられます。

 

また、「健康のためには粗食がいい」「肥満が気になるから肉類を控える」

「コレステロール値が高いから卵は食べない」など、

健康や食事についての間違った思い込みにより、

タンパク質が不足してしまうことも一因と言われています

 

若い女性の場合は、ダイエットや美容のために、

サラダやスムージーだけなど、偏った食生活によって

新型栄養失調になる人が増えていると言われています

 

このような新型栄養失調を防ぐには、

や魚、卵、牛乳、豆類などのタンパク質をしっかり摂ることが重要です

 

ただし、「魚だけ」「肉だけ」「豆類だけ」など

1つの食品に偏るのではなく、できるだけ

多くの食品を組み合わせて食べるようにするのがポイントです

 

高齢になるとあっさりしたものを好んで、

お肉を避ける傾向がありますが、

お肉も適度に食べるようにしてください

 

※この内容は2020年2月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

糖質

 

糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたもので、

私たちの体のエネルギー源になる栄養素です。

 

化学構造の違いによって、単糖類、二糖類、多糖類に分けられ、

単糖類にはブドウ糖や果物に多く含まれる果糖など、

二糖類には砂糖の主成分であるショ糖麦芽糖など、

多糖類にはデンプンなどが含まれます。

 

砂糖をはじめとした甘いものだけでなく、

ご飯パンイモなども糖質の仲間です

 

炭水化物のうち、

食物繊維は私たちの体の中では消化できないため、

そのまま大腸に運ばれて排出されてしまいますが、

糖質は体内で分解されてブドウ糖の形になり、小腸で吸収されます。

 

吸収されたブドウ糖の一部は、肝臓に送られて蓄えられ、

それ以外は血液に乗って全身に送られます

 

そして、筋肉でエネルギー源として使われたり、

筋肉脂肪組織に蓄えられたりします。

 

糖質によるエネルギーは、

脂質などに比べて分解、吸収が速く

即効性が高いのが特徴です

 

そのため、ウオーキングやマラソンなど長時間の運動には、

主に脂質からのエネルギーが使われますが、

 

短距離走のように短時間の激しい運動には、

糖質からのエネルギーが使われます

 

また、脳では血液中の糖質が主なエネルギー源になるため、

糖質をきちんと摂らないと脳は働きません

 

このように

糖質は私たちの体に欠かせない栄養素ですが、

摂りすぎても控えすぎてもよくありません

 

摂りすぎると、エネルギーとして使われずに余ってしまい、

中性脂肪が蓄積して肥満になったり、

ブドウ糖が増えて食後の血糖値が上がったりします。

 

反対に、控えすぎると、栄養不足に陥ったり、

筋力が低下したりすることがあります

 

最近、糖質制限糖質オフといった言葉を

よく耳にするようになり、

糖質制限によるダイエットなども注目されていますが、

糖質制限は本来、糖尿病や肥満の治療のために

医師の指導のもとで行うものです。

 

極端に制限すると、体に不調が出ることもありますので、

糖質の特徴や働きを正しく理解したうえで、

適切に摂取することが大切です

 

※この内容は2020年2月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

1 2 3 4 5 6 19