冬の水分補給

夏は熱中症対策などで水分補給の習慣が定着していますが、

冬も水分補給が大切なことは知っていますか

人間の体のおよそ60パーセントは水分で出来ていて、

私たちは食事や飲み物などから1日2.5リットルの水分を摂取し、

尿や便、汗などで同じくらいの量の水分を

体外に排出していると言われています。

 

夏場は暑さによって汗をかいたり喉が乾いたりするため、

自然に水分補給しますが、

寒い冬は喉の乾きを感じにくく、

水分摂取量がどうしても少なくなってしまいます

しかし人間の体に必要な水分量は一年中同じなので、

水分補給の重要性は冬も変わりません

 

冬に水分補給が大切な理由として、

乾燥しやすいということが挙げられます。

冬場は外気の乾燥に加えて、

暖房器具やエアコンによる室内の乾燥・湿度の低さなどによって、

知らず知らずのうちに水分不足になりがちです

 

空気が乾燥すると風邪やインフルエンザの原因となる

ウィルスの活動が活発になります。

反対に湿度が50パーセント以上になるとウィルスの活動は低下するので、

水分補給をして喉や鼻の粘膜を潤すことが大切です

 

また、冬場は脳卒中や心筋梗塞を発症する人が増加します。

これは寒くなると体温を逃がさないように血管が収縮して、

血圧が上がりやすくなることと、

水分摂取が少ないために血液の粘度が高くなって、

いわゆるドロドロの状態になり、

血管が詰まりやすくなることが要因と言われています。

脳卒中や心筋梗塞を予防するためにも、

しっかり水分補給する必要があります。

 

水分補給の方法としては、夏場と同じように喉の乾きを感じる前に、

小まめに水分を摂るようにするのがポイントです。

目安は、1日に1リットルから1.5リットルです。

 

ただし、コーヒー緑茶などカフェインを多く含んでいる飲み物は、

利尿作用が高く体内の水分を排せつしてしまう為、

水分補給には適していません

効率よく水分補給するには、お水白湯がおすすめです。

 

※この内容は2019年1月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

春菊

春菊はキク科に属する緑黄色野菜です。

春に菊のような黄色の花を咲かせることから春菊と呼ばれていますが、

関西では菊菜とも呼ばれています。

原産地は地中海沿岸で、

もともとヨーロッパでは観賞用として栽培されていました

食用としているのは日本や中国など東アジアだけだそうです

日本では江戸時代末期から各地で栽培が始まり、

お鍋の具材として利用されることが多くなった

40年ほど前から消費が拡大しました

 

今ではハウス栽培によって、1年中出回っていますが、

旬の時期は11月から3月にかけてで、特に冬場に美味しくなります

春菊を選ぶ時は色が濃く、艶があり、葉っぱが瑞々しいものを選びましょう。

茎は5ミリ程度で太すぎず、茎の断面の白い部分が小さい方がおすすめです。

また、茎の下まで葉がついている方が美味しいそうです

春菊は傷みやすく、乾燥に弱いため、早めに使い切るようにしましょう。

保存する場合は、濡らした新聞紙で包み、ビニール袋に入れて、

冷蔵庫の野菜室に立てておきます。

 

調理する際は、春菊独特の香りを生かすため、

加熱しすぎないのがポイントです。

茹でる時は葉っぱと茎に分けて、

茎から先に、葉っぱは後からさっと茹でるようにしましょう。

お鍋の具材にする時も、

茎から入れて火が通ったところで葉っぱを入れると、

ちょうどよく茹で上がります

春菊はアクが少なく、特に葉っぱの部分は柔らかいので、

生のままサラダにしても美味しく頂けます。

 

栄養面で注目したいのはβカロテンの豊富さです。

βカロテンは皮膚や粘膜の健康を保ったり、

抗酸化作用によって老化を予防したりする効果が期待できます。

また、出血したときに血液を固めて止血したり、

骨を丈夫にしたりする働きがあるビタミンKも多く含んでいます。

βカロテン・ビタミンKは、

どちらも油と一緒に調理すると吸収率が良くなりますので、

炒め物天ぷらにするのもおすすめです

 

※この内容は平成30年12月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

冬の味覚 牡蠣

牡蠣は別名海のミルクと言われるほど栄養豊富な食べ物です。

食用としての歴史も古く、

貝塚で多数の牡蠣の殻も発見されていますし、

古事記延喜式といった古文書にも牡蠣が度々登場しています

 

ヨーロッパでは古代から精力増強効果があるとして注目され、

シーザーがイギリス海峡に侵攻したのは、

テムズ河口で獲れる良質の牡蠣

目当てだったのではないかとも言われています

では、牡蠣の旨味の秘密は何かというと、

牡蠣に含まれる豊富なグリコーゲンにあります。

グリコーゲンは単独では無味無臭ですが、

ほかの味と一緒になるとコク旨味が出てきます。

牡蠣に含まれる栄養をみると、

生牡蠣100g中には1日に必要なたんぱく質量の3分の2

カルシウムは3分の1、リンは一日に必要な分含まれ、

鉄分・ヨードは4倍含まれています

 

具体的な牡蠣の効果を挙げると、

まず、肝臓を強化する効果があります。

これは、肝機能を強化するグリコーゲンやタウリン・ビタミンB12が

豊富に含まれているためです

疲れた肝臓をバックアップするには、

牡蠣はまさにもってこいと言えます。

次に、牡蠣には血を作り出す効果もあります。

これは血を作り出すときに必要な

鉄・ビタミンB12・銅・葉酸が含まれているためで、

食生活の偏りからくる貧血の方には効果が期待されます。

また、牡蠣には亜鉛も多く含まれています。

この亜鉛は免疫細胞の働きを活性化させ、

粘膜の健康を保つビタミンAを体内に留め、

喉の痛みや鼻水・鼻づまりなど風邪の症状を緩和する効果があります。

 

他に牡蠣には精神を安定させる効果もあると言われています。

カルシウムが不足するとイライラしやすくなるといった話を

聞いたことはありませんか?

カルシウムはイライラを抑え、精神安定を促す栄養素です

牡蠣には極めて良質なカルシウムが含まれています。

ストレス予防にも牡蠣はぴったりの食材といえるかもしれません

 

※この内容は平成30年12月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

耳そうじ

耳の中がすっきりして気持ちのいい耳そうじですが、

やり方によっては様々なトラブルが起こる事もありますので、

正しい耳そうじの方法を知っておきましょう

 

耳あかは耳の中の皮膚がはがれ落ちたものです。

耳の入り口から1㎝くらいの所に、

耳あかの元となる油分が分泌される耳垢腺という分泌腺があり、

そこから出た分泌物やゴミ・ホコリなどが

混じり合って耳あかとなります

耳あかは単なる老廃物ではなく、

耳の穴に入ってきたゴミやホコリを吸着して外に排出したり

耳の中や鼓膜を保護したり

感染を防いだりする役割を果たしています。

耳あかには大きく分けて2種類

カサカサとした乾いた耳あか

ベトベトした湿った耳あかがあります。

日本人は耳垢腺の数が少ないため、

乾いた耳あかの人が多いそうです。

 

では、耳そうじの方法についてです。

耳そうじには耳かきか綿棒を使います。

一般的に乾いた耳あかには耳かき

湿った耳あかには綿棒が適していると言われています

耳そうじをする時に最も気をつけたいのは、

掃除をする範囲です。

耳の入り口から3.5㎝ぐらいの所には鼓膜がありますので、

掃除をするのは入り口から1.5㎝ぐらいまでに留めて、

鼓膜を傷つけないよう気を付けてください

耳には自浄作用があり、

耳あかを自然に外に排出する働きがあるため、

奥まできれいにする必要はないそうです。

耳そうじの頻度は、月に1~2回で十分です。

毎日のように掃除をすると耳の中が傷ついて

炎症が起きる外耳炎になる事がありますので注意しましょう

 

自分で耳そうじが上手くできない場合は、

耳鼻咽喉科で除去してもらうこともできます。

湿った耳あかの人や耳の穴が狭い人、

子どもや高齢者などは耳あかが溜まりやすいそうです

遠慮せず耳鼻咽喉科で相談してみてください。

 

※この内容は平成30年11月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=====================================

1 2 3 4 5 6 12