カビの健康被害

今日は健康とカビについてのお話です

高温多湿な時期はカビが生えやすくなります。

カビと言っても、目に見えるものもあれば、

目に見えないものもあります

 

カビが原因となる病気には、

食べ物に繁殖したカビ

食べることによって引き起こされる

毒中毒症があります。

カビ毒中毒症には下痢腹痛

吐き気などの健康被害を起こす急性毒性タイプと、

カビ毒を長期にわたって口にすることで引き起こされる

神経症状血液障害などの慢性毒性タイプがあります。

また、水虫や、おむつかぶれなど

皮膚からカビの菌が侵入して被害をおよぼす

真菌症もあります

さらに、呼吸や口から侵入して

喘息鼻炎結膜炎夏型過敏性肺炎など、

健康に被害を与えるものもあります

 

空気中に漂うカビ

花粉よりも飛散しやすい環境にあるため、

やっかいな存在です。

鼻の中や食べ物から口の中に入ると、

さまざまなアレルギー症状を引き起こします。

 

こうしたカビの繁殖を防ぐためにも、

月には定期的な大掃除を行い、

カビの発生や繁殖に気をつけてください。

 

特にキッチン周りでは、

生ごみは放置しないことが重要です

食品はなるべく早く食べきり、

冷蔵庫の中も食品が腐っていないかどうか

月には点検しましょう。

 

浴室や洗面所は、

石鹸やシャンプーの泡が残っていたり

高温多湿の状態にしておくとカビが生えやすくなります

浴室を使用した後はシャワーですみずみまで流し、

その後水で冷やします

最後に、水滴をタオルなどでふき切りましょう

 

また、部屋のホコリや食べかすは

カビの栄養分となります

ホコリがたまらないように

部屋の隅々まで掃除機で吸引しましょう。

 

カビの生育は25度前後で活発になります。

湿度は70~95%で生育しやすく、

湿度80%以上で繁殖が活発化します。

室内の湿度は季節にかかわらず40%~60%の湿度維持を

目安にして下さい。

 

また、こまめに換気をして空気が流れるように、

窓を開けたり扇風機をかけて

室内に空気の流れをつくることも

カビの発生を防ぐことになります。

 

※この内容は平成29年6月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

股関節

突然ですが、股関節がどこにあるか知っていますか?

「股」という言葉から、

股間のあたりを連想する人が多いようです。

しかし実際はお尻に近い部分にあって、

骨盤と太ももの骨が接する部分を股関節といいます

 

この股関節に障害が起こると、お尻や太もも、

腰のあたりに痛みが生じやすくなります

また歩き方にも影響が出て、ひざにも負担がかかります。

股関節は日常のすべての動作に影響する大切な部分です。

 

例えば歩いたり

階段を上ったり

椅子から立ったりといった動作は、

股関節が動くからスムーズにできるのです

 

残念なことに、年齢とともに股関節の動きは悪くなります

それには

股関節や周囲の筋肉などが硬くなるということと、

股関節を支える筋肉が弱まるからという、2つの理由があります

年齢とともに股関節にかかる負担は大きくなり、

日常の動作や歩行に支障をきたすようになるのです

 

一般的には痛みが出てから

股関節の障害に気付くことが多いのですが、

痛みが出る前でも今から挙げるような状態の場合には

股関節に注意してください。

 

例えば、大またで歩きづらく歩幅が狭くなった

平らなところでつまずく

椅子から立つとき、机やひざなどに手をつく

階段が上りづらい

といった場合です。

 

こうした股関節の衰えや障害を予防するには、

日ごろから適度な運動をして股関節周辺を柔軟にし、

筋肉を鍛えておくことが大切です。

 

運動の基本は、ストレッチ筋肉運動の2つです。

 

まず、ストレッチをすることで、股関節柔軟性が高まります。

また、筋肉運動で代表的な運動がスクワットです。

 

ただ、股関節や腰、ひざなどにすでに痛みがある場合、

いきなりスクワットをすると悪化させることもあります

この場合には股関節などに負担がかかりにくい、

プールでの水中歩行運動からはじめるといいでしょう。

またプールでは、平泳ぎをしたり、水の流れに逆らって歩いたりすると、

かえって股関節に負担をかけてしまいます。

股関節のために運動する場合には自己流ではなく、

必ず指導するスタッフのいるプールで行ってください。

 

また、運動によって股関節の症状を悪化させることもあります。

運動する前に、必ず医師の指導を受けてから始めてください

 

※この内容は平成29年5月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

カツオ

新緑が目にまぶしい季節が到来すると、

黒潮にのって日本沿岸を北上してくる「初ガツオ」。

青魚というとまず思い浮かぶのは、

脳の活性化や目にいい成分としてお馴染みの

DHAドコサヘキサエン酸)ですが、

カツオはこのドコサヘキサエン酸のほかにも、

生活習慣病貧血骨粗しょう症の予防に役立つ

栄・養・満・載のとっても優秀な食材です。

 

カツオの旬は春の5月~6月

秋の9月~10月の年2回です。

春のカツオは「初ガツオ」、

秋は「戻りガツオ」と呼ばれ、

初ガツオは脂が少なくさっぱりしているのに対して、

戻りガツオは脂がのってコッテリした味わいが特徴です

 

カツオと日本人との付き合いは古く、

日本最古の書物「古事記にも大和朝廷の祭事

カツオが使われていたと書かれてあるようです。

古くから食されてきたカツオ高タンパク

低脂肪のヘルシーな食材です。

さらにカツオの血合の部分には、

ビタミンAや疲労回復に役立つビタミンB1

細胞の再生を促して発育を助けるビタミンB2

鉄分などが含まれ、

その栄養価の高さはレバー並みといわれています。

なかでもビタミンB12

魚の中でもトップクラスの含有量を誇ります。

ビタミンB12は赤血球の生成を助け、

鉄分とともに貧血を予防する働きがあります。

カツオの血合は臭みがあるから苦手という方も多いようですが、

健康を考えぜひ食べてみてはいかがでしょうか

 

またカツオには、

カルシウムの吸収を助けて骨粗しょう症を防ぐビタミンDや、

塩分を体の外に排出するカリウム亜鉛などが

バランスよく含まれています。

 

さらに、脳の活性化や血液をサラサラにする効果のある

DHAドコサヘキサエン酸)やEPAエイコサペンタエン酸)、

コレステロールを減らし肝機能を高めるタウリン

豊富に含まれています

このため高血圧動脈硬化肝臓疾患などの生活習慣病

悪性貧血子どもの発育不全女性の不妊症ボケなどの症状を

予防する食材としてもカツオに含まれる栄養は注目されています

 

※この内容は平成29年5月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================

ALTの数値について

今日は肝機能の働きをチェックできる

ALTエーエルティー)」の

数値についてのお話です

肝臓の病気というと、

アルコールが関係しているイメージがありますが、

お酒を飲まない人も安心してはいられません

デスクワーク中心で運動不足

外食が多く不規則な食生活

といった生活環境の影響で、

脂肪肝から肝炎などにかかる人も増加しています

しかし肝臓の病気のサインを知る方法は、

決して難しくありません。

それが健康診断などで行われる

血液検査で示されるALTの値です

 

ALTとは体内において

アミノ酸の代謝で重要な働きをする酵素のことで、

おもに肝細胞に存在しています。

それが何らかの異常で肝細胞が破壊されると、

肝細胞内のALTが血液中に漏れ出してしまいます。

ALT値が高いということは、

それだけ肝臓が障害を受けていることを意味するため、

重要視すべき数値なのです。

またALTが漏れ出すと、肝臓は肝細胞の再生を図ります。

ところが破壊と再生が繰り返されると、肝臓が線維化し、

最終的には組織が硬くなって本来の機能を十分に果たせなくなる

肝硬変」へと進行する危険性があります

そして、肝細胞の破壊が長期間繰り返されると、

遺伝子異常を引き起こす可能性があり、

「肝細胞がん」の発生リスクも上昇します。

 

このような肝障害の治療には、

まず「ライフスタイルの見直し」が必要です

肝臓に負担をかけないよう、

低カロリーでの栄養バランスのよい食事を心がけ、

適度な運動を行います

もうひとつは「薬物療法」です

医師の指導のもと病状に合わせ薬を服用していきます。

 

肝臓は“沈黙の臓器”と言われています。

そのため、早期治療で肝硬変を予防すること

初期のうちに線維化を食い止めることが非常に重要です。

健康診断の結果だけで医療機関を受診するのは

面倒だと思う方もいるかもしれませんが、

自覚症状が出てからでは遅いのです

不調を感じたら、まずは専門医を受診しましょう。

 

※この内容は平成29年4月に放送されたものです

=====================================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオで放送中!
=====================================