熱中症

 

梅雨の時期を健康的に乗り切り、

夏に備えるために「熱中症」に関するお話をお届けしていきます

 

「熱中症予防」の取り組みの基本、水分補給」がテーマです。

暑い日に欲する「水分」と言うと、

冷たい「お水」をはじめ、様々な味の飲み物を思い浮かべますが、

 

日本スポーツ協会によりますと、

「熱中症予防」に理想的かつ効率的な水分は、適量の塩分糖分を含んだ飲料と推奨しています

 

数々のスポーツ飲料や、栄養サポート食品を開発する

大手製薬会社(大塚製薬)のホームページを見てみると

体が欲する「水分」は、

100ミリリットル中、40ミリから80ミリグラムの食塩ナトリウム約0.1から0.2%と合わせ、

ブドウ糖などの糖質を適度に含ませたものだそうです。

 

こうした飲料は、例えばイオン飲料であったり、経口補水液が該当します

私たち人間の体には、

およそ0.9%の食塩水と同じ浸透圧の血液が循環していて、

汗には、なめるとしょっぱさを感じるナトリウムが含まれています。

 

このため大量の汗をかき、水分と塩分をたくさん外に出したときに、

冷たい水」だけで水分補給を試みた場合、

もちろん美味しく感じますし、のどの渇きを潤してくれるのですが、

その爽快感は比較的、一時的なものと言えます

 

なぜなら「水」だけをごくごくと飲んだ場合、

血液中のナトリウムの濃度は

水の比率が上がった分だけ下がってしまうため、

これ以上「ナトリウム濃度を下げないために」と、

せっかく摂取した「水」を余分なものとして、尿として排泄してしまいます。

このためかえって脱水状態に近づいてしまうそうです

 

体液の量の回復が叶わなくなれば、

運動能力が下がり体温も上がって熱中症」にかかってしまいます

 

このため必要となる「ナトリウム」は、

特に運動時については濃度をやや高くすることで、失う分を補っていく必要もあります。

また、糖分については、

腸管での水分吸収を促す役割を果たしてくれます。

「ナトリウム」と同時に取り込むことでその吸収がスピードアップして、

摂取した水分がしっかり吸収されるというメリットがあります

 

目安としては、1時間以上の運動を行う際は、

4~8%の糖質を含んだ飲料を飲むもとを勧めています

 

身体が暑さに慣れていないこの時期は、

特に注意が必要な「熱中症」は屋外だけでなく、高温多湿の室内でも発症します

「熱中症」が心配される時期は特に、

塩分糖分を意識して水分をとるようにしましょう

 

※この内容は2022年6月に放送されたものです

=======================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=======================

蒸し料理

 

明日、6月4日は「蒸し料理の日」だそうです

 

鍋型の蒸し器せいろなどの調理器具を用い、

蒸気を利用して加熱する「蒸し料理」につけダレとして重宝する「ポン酢」の製造元、

ミツカン」によって、制定された記念日とのことです

 

「蒸し料理」は、

ヘルシーなのに満腹になれる」と評判の食事スタイルと言えます

そこで今日は、「蒸し料理と健康」をテーマにお話していきます

 

関東の大手ガス会社「東京ガス」が運営しています

情報サイトの掲載記事を見てみますと

 

「蒸し料理」とは、高温の水蒸気を当てることで

食材を外側から加熱し、急激に温度を上げてしまうこともなく、

じっくり均一に火を通していく調理法そして料理のことを指します

 

「蒸し料理」は電子レンジのように、

食材の分子にマイクロ波を当て、振動させることで、

食材の内部から外へ加熱させていく方法とは、違う調理法となります。

 

それぞれにメリットデメリットがあります。

例えば「電子レンジ」での加熱調理では、大幅な時短を実現するだけでなく、

食材が持つ脂質の量までしっかり減らしてくれるというメリットがありますが、

一方で旨味まで流れ出したり、

食材に急激な温度上昇をもたらすことでムラができやすくなったり、

「火加減」に苦戦するといったデメリットがあります。

 

一方、「蒸し料理」にはその逆で

例えば、調理時間が長くなるため、光熱費などのコストも嵩んでしまうものの

さつまいも」の加熱調理では、

特にその甘味を逃がすことなく、むしろ増してくれたりもします

 

これは、100度という一定の温度を保つ水蒸気により、

火加減も一定で、加熱にもムラがないという、

調理法の恩恵によるもので時間もコストも手間もかけて、

美味しくヘルシーな料理を、と考える人にはおススメですね

 

また、ヘルシーな調理法の一つに、

ふっくらやわらかく仕上がった食材そのものをまるごと食べることができ、

焼き料理のように焦げることもない「蒸し料理」、

器具も含め、手間はかかりますが、

週末に迎える明日の記念日をきっかけに、本格的な「蒸し料理」を楽しんでみませんか?

 

※この内容は2022年6月に放送されたものです

=======================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=======================

ゴルフ

 

今日、5月24日は、「ゴルフ場記念日」だそうです

 

1903年、明治36年のこの日に

日本初のゴルフ場神戸ゴルフ倶楽部」がオープンしたことにちなんで記念日となりました。

 

ちなみに、4日後の土曜、5月28日には、

ゴルフ記念日」というまた別の記念日も控えているようですね。

 

由来はそれぞれですが、

ゴルフと健康」をテーマにお話ししていきましょう

 

本格的なゴルフ場で、18ホールをラウンドし、

スコアを競う通常の「ゴルフ」の他に、

グラウンドゴルフ、パークゴルフ、マレットゴルフ、パターゴルフ

といった気軽なものまで、「ゴルフ」の種類は様々ですが、

 

クラブを用いて、カップにボールを入れるというシンプルな基本ルールから

男女問わず年齢も問わずに誰でも楽しめる生涯スポーツです

 

「ゴルフ」というスポーツは、

「ゴルフ場」ごとの違いもありますが、

直線距離でトータル6キロ~7キロにおよぶコースを、

スイングとスイングの間にボールの場所まで歩き続けることで、

自然と有酸素運動が促されるというメリットがあります

 

ゴルフバッグを自ら持って歩けば、

負荷もかかって一層のトレーニング効果が期待できます

 

また、初心者だったり、ゴルフが苦手な人であればあるほど、

ボールの行方も散漫になってしまいますので、

結果的に、より多くの全身運動が自然と行え、

健康志向の方にはうってつけのスポーツと言えるでしょう

 

また、自然豊かなゴルフ場であれば、癒しリラックス効果も期待できます

 

一方で、アスリート的な楽しみ方をする場合は

特に、体への負担、けがなどのリスクも生まれます

大きなスイングは、見るからに、肩、肘、手首、腰に大きな負担をかけてしまいます

 

特にコースをラウンドする場合は、

朝は早い場合も多いですから、ウォーミングアップストレッチは欠かさないようにしましょう

 

レクリエーション感覚で楽しめるものから、

運動として自分自身を追い込むものまで、「ゴルフ」の選択肢はたくさんあります

 

せっかくの生涯スポーツですから、

個人個人に合わせて、楽しく、親しんでいきたいものです

 

※この内容は2022年5月に放送されたものです

=======================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=======================

ドライブと健康管理

 

今日は5月3日、カレンダー的には、

今年のゴールデンウィーク期間中2度目の3連休の始まりです

 

新型コロナ感染拡大への注意喚起もあり、

お出かけするにしましても、慎重な下調べや段取りなど、

いろいろと気を配るところはあると思います

 

そこで今日は、長距離ドライブの機会が増える連休であることから

ドライバーの健康管理」をテーマにお話ししたいと思います

 

まず、長時間運転のリスクについてです。

事故にもつながる怖いものとして真っ先に思い浮かぶのが「居眠り運転」です。

 

「居眠り運転」は

普段の健康管理で概ね回避できると言えます。

まず避けたいのは「睡眠不足」です。

 

厚生労働省の調査によりますと、普段の睡眠時間が5時間未満の人が運転した場合、

普段5時間以上眠っている人と比べると、「居眠り運転」に繋がってしまう人が3倍以上も多いそうです

 

そして事故の一歩手前のヒヤリハット」を体験してしまう確率については、

2.5倍にもなることが報告されています

 

長距離運転を控えた前日は、準備にも時間がかかるでしょうし、

遠くにお出かけする場合は、事前に用事を済ませておこうと

スケジュールを詰め込んでしまったりと、睡眠時間を犠牲にしてしまいがちです

 

また、控えるイベントによっては、

ワクワクすることによる興奮状態から寝付けず睡眠時間が不足することも考えられます。

 

睡眠時間5時間は、目安になるわけではありませんが、

長距離運転のハンドルを握る前に、自分自身が十分な睡眠をとれているかどうか、

しっかり把握しておく必要がありますね

 

また睡眠時間のだけでなくサービスエリアや道の駅など、

しっかり休憩を取れる時間の余裕をもってスケジュールを組んでおくことが重要です

 

ガムやカフェイン入りのドリンクなど、眠気防止対策はたくさんありますが、

それに頼りすぎることなく、長距離運転の前後の予定は計画的に行いましょう

 

※この内容は2022年5月に放送されたものです

=======================
アルプモーニングスマイル
パーソナリティー 秋本 和美
毎週月曜~金曜 朝8時15分~8時20分
MROラジオ・KNBラジオで放送中!
=======================

1 2 3 4 5 6 32